BIOGRAPHY

安室奈美恵

日本・沖縄県出身。10代でグループとしてアーティストデビュー、瞬く間に数々のヒット曲を生み出し日本の音楽史に名前を刻む。1995年には早くもソロデビューし、ファーストシングルが70万枚、ファーストアルバムはミリオンセラー。当時女性ソロシンガー最年少で日本を代表する歌番組「紅白歌合戦」出場を果たす。更に、若い女性を中心に安室奈美恵のファッション・ヘアスタイル・メイクなどがブームとなり、社会現象となった。

1996年にリリースしたAL「SWEET 19 BLUES」では、当時の史上最高記録となった初回出荷枚数305万枚という偉業も成し遂げる。また、当時史上最年少記録での国内スタジアム公演も成功に終え、さらにソロアーティスト史上最年少でレコード大賞も受賞した。 1997年にはSG「CAN YOU CELEBRATE?」がダブルミリオンを記録、この年、日本国内で最も売り上げたCDとなった。同時に、邦楽女性ソロアーティスト歴代1位のシングル売上となり、現在もなおこの記録は破られていない。その後も、当時の10代アーティスト史上初のシングル・アルバム総売上2,000万枚突破、さらに全国4大ドームツアーの成功(約30万人動員)、海外ライブイベントへの出演など、J-POPシーンを牽引するアーティストとなった。

2003年以降は、「SUITE CHIC」などのコラボレーションプロジェクトを通して音楽の幅を広げ、「MTV Video Music Awards 2003」では "BEST COLLABORATION賞"をSUITE CHIC名義で受賞。翌年04'には初のアジア単独公演(台湾で2日間13,000人動員、韓国で3日間25,000人動員)を開催。「MTV Video Music Awards 2005」ではアジア最優秀パフォーミング・アーティスト賞を受賞した。同年に開催された「MTV ASIA AID」(タイ)には日本を代表しパフォーミング・アーティストとして参加。

2005年にリリースしたAL「Queen of Hip-Pop」では、日本国内の芸能人プロモーションでは世界初となる"ピンクパンサー"とのコラボレーションが実現して話題に。2006年にはミュージックビデオ(以下MV)でジャネット・ジャクソンらのコリオグラファー"シャーネット・ハード"が振り付けをしたことでも話題となった「CAN'T SLEEP, CAN'T EAT, I'M SICK」を発売。

2008年には、3つの年代を楽曲・映像共にリメイクした"Fashion x Music x Vidal Sassoon"キャンペーンソング「60s70s80s」をリリース。世界的に活躍するスタイリスト/パトリシア・フィールド、ヘアスタイリスト/オーランド・ピタとのコラボレーションは、楽曲とともに、MV、TV-CMも注目を浴びた。同年6年振りとなるBEST AL「BEST FICTION」を発売し、6週連続でオリコンウィークリーチャート首位を獲得。この6週連続首位記録は14年8ヶ月振り、女性ソロ・アーティストでは28年7ヶ月振りの快挙となり、後に170万枚を超えるセールスを記録(同年の「日本レコード大賞」で最優秀アルバム賞を受賞)。また、10代に発売した「DANCE TRACKS VOL.1」「SWEET 19 BLUES」「Concentration20」、20代に発売した「181920」に続いて、30代でもミリオンセールスを記録したこととなり、日本国内アーティスト史上初の"3年代"続けてのミリオン突破となった。このアルバムを引っさげて行われた全国アリーナ・ツアー『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009』は、海外を含めると4度の追加公演(台湾・上海含め全64公演)を発表し、日本人女性ソロ・アーティスト史上最多動員数となる約50万人を動員(後に発売した同ツアーのLIVE DVDでは女性アーティスト歴代トップとなる初動売り上げを記録)。

2009年末に発売したオリジナルAL「PAST<FUTURE」収録曲MVでは、"機動戦士ガンダム"とのコラボレーションが実現し、アニメーションで制作されたMVには"アムロ・レイ"と"安室奈美恵"が共演。翌年、同アルバムは、アジアの5つの国と地域でも音楽ランキング1位を獲得し"日本人女性アーティスト史上初の快挙"となった。

2010年には、自身最長公演数(全80公演)となる『namie amuro PAST<FUTURE tour 2010』を成功に終え、5月にはモナコで行われた世界最大級の音楽の祭典【WORLD MUSIC AWARDS 2010】に、アジアの女性アーティストとして初めて招待を受けた。世界160カ国、約10億人が試聴可能なこの祭典で「BEST ASIAN ARTIST」を受賞。

2011年には、自身初のコラボレーションベストアルバム「Checkmate!」をリリース。年末にリリースしたシングル「Sit! Stay! Wait! Down! / Love Story」は、配信総累計300万DLを突破。(翌年には、国内年間配信チャートの4冠を獲得し、第27回日本ゴールドディスク大賞ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロードも受賞。)「Love Story」は、発売から2年後(2013年12月)と3年後(2014年12月)の2年連続でUSENリクエストチャート1位を獲得。

2012年には、20周年を記念したアルバム「Uncontrolled」が3週連続首位を獲得し、日本、台湾、香港、韓国、シンガポールの計5ケ国地域で前作「PAST<FUTURE」に引き続き2作連続の音楽ランキング1位を獲得。また、同アルバムの発売記者会見を台湾・香港・シンガポールで実施し、この3カ国地域で合計約100社ものメディアから熱烈な歓迎を受けた。同年、15年ぶりとなる自身初の全国5大ドームツアーを開催し、全国5箇所8公演約34万人を動員、ドームツアーとしては動員数・公演数ともに女性ソロアーティスト歴代トップとなる。(その後、台湾・香港ではアジア・アリーナツアー「namie amuro ASIA TOUR 2013」を開催)。"Billboard JAPAN" Billboard JAPAN Top Pop Artist 2012も受賞。

2013年は、昨年発売となったLIVE DVD&Blu-ray「namie amuro 5 Major Domes Tour 2012〜20th Anniversary Best〜」が、DVDオリコンランキング&Blu-rayオリコンランキング両部門で総合1位を獲得。7月には新レーベル"Dimension Point"から最新アルバム「FEEL」を発売。6作連続、自身11作目のオリコン首位を獲得。

2014年2月には、この全国ツアーを映像化したLIVE DVD&Blu-ray「namie amuro FEEL tour 2013」を発売し、総合ミュージックDVD・BDランキング部門で首位を獲得。6月には、自身初のバラードベストアルバム「Ballada」を発売(2週連続オリコン首位を獲得)。8月から12月まで開催された全国アリーナツアー「namie amuro LIVE STYLE 2014」は全国13ヶ所・37公演を完走。

2015年2月には、最新LIVE DVD&Blu-ray「namie amuro LIVE STYLE 2014」を発売(http://avex.jp/amuro/livestyle2014/)し、オリコン週間総合DVDおよびBDランキングで同時首位を獲得。
“DVD&BD同時首位獲得作品数”が通算3作目となり女性アーティスト歴代1位の記録を達成。
6月10日には、全曲新曲の約2年ぶりとなるニューアルバム「_genic」の発表し、オリコン首位に加え、主要音楽チャート4冠を達成。
全国15ヵ所44公演の全国ツアー「namie amuro LIVEGENIC 2015-2016」を開催し、2016年にはアジアツアーも開催した。

2016年、3月にLIVE DVD & Blu-ray「namie amuro LIVEGENIC 2015-2016」を発売し、オリコン“女性アーティスト&全ソロアーティスト歴代単独トップ”4作目のDVD&Blu-ray同時総合首位、“全ソロアーティスト歴代単独トップ”4作目のBlu-ray総合首位を同時に達成。
5月にはドラマ主題歌「Mint」を発売し、同作でアーティスト歴代単独トップとなる“22年連続シングルTOP10入り”を果たす(発売当時)。

7月には、NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソングの最新シングル「Hero」を発売決定。8月からは自身最多となる34都市88公演の全国ツアー「namie amuro LIVE STYLE 2016-2017」を開催予定。

2013
第27回日本ゴールドディスク大賞 ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード 『Love Story』
2012
MTV Video Music Awards Japan 2012 Best Video 「Love Story」
MTV Video Music Awards Japan 2012 Best Collaboration Video 「make it happen feat.AFTERSCHOOL」
Billboard JAPAN Top Pop Artist 2012
レコチョク2012年年間ランキング「着うた(R)」部門 第1位(Love Story)
レコチョク2012年年間ランキング着信ムービー部門 第1位(Love Story)
レコチョク2012年年間ランキング「着うた(R)」部門 第1位(Love Story)
レコチョク2012年年間ランキングRBT部門 第1位(Love Story) ※レコチョク年間ランキング4冠
2010
World Music Awards 2010 Best Asian Artist
MTV Video Music Awards Japan 2010 Best Female Video 「FAST CAR」
2009
第23回日本ゴールドディスク大賞 ザ・ベスト10アルバム 『BEST FICTION』
SPACE SHOWER Music Video Awards 09 MVA09 BEST ARTIST
SPACE SHOWER Music Video Awards 09 BEST FEMALE VIDEO 「NEW LOOK」
MTV Video Music Awards Japan 2009 Best Female Video 「NEW LOOK」
MTV Video Music Awards Japan 2009 Best R&B Video 「Sexy Girl」
2008
SPACE SHOWER Music Video Awards 08 BEST FEMALE VIDEO 「Hide & Seek」
MTV Video Music Awards Japan 2008 Best R&B Video 「Hide & Seek」
第50回日本レコード大賞 最優秀アルバム賞、優秀アルバム賞 『BEST FICTION』
2007
MTV STUDENT VOICE AWARDS 2007 “STUDENT VOICE”RESPECT AWARD
2005
MTV Video Music Awards Japan 2005 Best R&B Video 「GIRL TALK」
MTV Video Music Awards Japan 2005 Most Impressivle Performing Artist In Asia
2004
MTV Video Music Awards Japan 2004 Best R&B Video
MTV Video Music Awards Japan 2004 Best buzzAsia from Japan
2003
MTV Video Music Awards Japan 2003 Best Collaboration (SUITE CHICとしての受賞)
2002
MTV Video Music Awards Japan 2002 特別賞 Inspiration Award Japan
2000
那覇市民栄誉賞
第33回全日本有線放送大賞 ミレニアム特別賞 「NEVER END」
第42回日本レコード大賞 特別賞 「NEVER END」
第11回日本ジュエリーベストドレッサー賞
1999
第13回日本ゴールドディスク大賞 ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー 『181920』
第32回全日本有線放送大賞 吉田正賞 「SOMETHING ‘BOUT THE KISS」
1998
第12回日本ゴールドディスク大賞 ソング・オブ・ザ・イヤー 「CAN YOU CELEBRATE?」
第12回日本ゴールドディスク大賞 ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー 『Concentration 20』
1997
第11回日本ゴールドディスク大賞 邦楽部門大賞 「CAN YOU CELEBRATE?」
第11回日本ゴールドディスク大賞 ベスト5アーティスト賞
第11回日本ゴールドディスク大賞 ベスト5・シングル賞 「Don’t wanna cry」
第11回日本ゴールドディスク大賞 ミュージック・ビデオ賞 『AMURO NAMIE FIRST ANNIVERSARY』
第30回日本レコードセールス大賞 シングル部門大賞 「CAN YOU CELEBRATE?」
第39回日本レコード大賞 大賞、優秀作品賞 「CAN YOU CELEBRATE?」
1996
第33回輝け! ゴールデン・アロー賞 音楽賞
第25回ベストドレッサー賞 女性部門
第1回輝け・アイドル・ミュージックアワード 最優秀アイドル賞
第38回日本レコード大賞 大賞、優秀作品賞 「Don’t wanna cry」
第38回日本レコード大賞 ベストアルバム賞 『SWEET 19 BLUES』
1995
第37回日本レコード大賞 優秀作品賞 「TRY ME 私を信じて〜」